賃貸マンションで雨漏りについて

賃貸マンションに入居していて雨漏りが発生してしまったら、火災保険の会社にも連絡しておきましょう。
火災保険は水害にも補償項目があるからです。

マンションの水漏れも補償対象になっています。

注意したいのは、自分で雨漏りしている箇所を修理した場合です。


退去時に原状回復義務があるため、あまりにも粗雑な施工の場合は、原状回復の対象になります。リフォーム施工会社による原状回復にかかった費用は、敷金から差し引かれます。



賃貸マンションの壁紙は、自然な経年劣化や、生活における汚れの場合は、原状回復工事の対象にならずに済む場合が多いです。雨漏りしている亀裂をコーキングすると、壁紙や天井板と同じ系統の色で施工して目立たなければ良いのですが、あきらかに素人が修理をしたような色の外観の場合は、原状回復の対象になりがちです。


管理会社に連絡したときに、補修の許可を得ていたとしても、退去時の審査は別です。

ターゲットに応じたwikipediaにまつわる情報をまとめています。

理想的な対策としては、保険会社から管理会社に連絡してもらう方法があります。

火災保険の補償範囲で、雨漏りによる電化製品や精密機器の補償を受けた場合は、保険会社から管理会社に詳細を伝えてもらいましょう。

必要最小限の情報では、補修工事を入居者が行ったのか不明の場合があります。入居者が補修工事をした場合は、退去時に原状回復義務の対象外にしてもらえるように、保険会社から管理会社に連絡してもらっておくとスムーズです。



賃貸マンションの雨漏りを修理したら、退去時のことを考えて、事前に行動しておくと良いでしょう。